ドライブレコーダーにはさまざまな種類がありますが、その中でも最新型の「360度タイプのドライブレコーダー」。360度タイプのドライブレコーダーはまだ主流とは言えませんが今後主流となってくるかもしれませ

ドライブレコーダーにはさまざまな種類がありますが、その中でも最新型の「360度タイプのドライブレコーダー」。360度タイプのドライブレコーダーはまだ主流とは言えませんが今後主流となってくるかもしれませ:
http://car-moby.jp/302577.

見ていただきありがとうございます。より多くの動画を購読してください。

ドライブレコーダーは360度タイプが人気 ドライブレコーダーを設置していても、運悪く車の死角に入ってしまい、事故の場面を撮影できていなかったということもあります。そのようなときに360度撮影できるドライブレコーダーであれば、事故の決定的瞬間を欠かさず撮影できます。 そういった理由で、近年360度タイプのドライブレコーダーが人気となっています。 360度タイプのメリットは? 360度タイプのドライブレコーダーのメリットは何と言っても前後左右、車内の様子まですべて撮影できる点です。車内の様子も撮影できるため、旅行の思い出まで撮影できます。 また配線も1つで済むため、前後2つ取り付けるよりも作業が楽です。 ドライブレコーダー360度タイプの選び方 360度タイプのドライブレコーダーを選ぶポイントは全部で3つあります。その3つとは、解像度、駐車時録画機能、価格です。 人気が高まっている機種なので、これから紹介する3つのポイントを押さえて、実際に選ぶときの参考にしてみてください。 選び方のポイント①解像度 解像度は映像の鮮明さを決める重要なポイントです。 ポイントとしては、画素数が200万画素以上であること、フルHDに対応していることがあります。 しかし360度タイプのドライブレコーダーはまだ画質に改良の余地があり、これを満たすものは少ないです。そのため現段階ではこの基準を満たしていない製品でも、これに近い数字であれば許容範囲だと言えます。 選び方のポイント②駐車時録画機能 事故は車が動いているときだけに起こるものではありません。数年前から、駐車場などでぶつけられてそのまま逃げられる「当て逃げ」が増えてきています。 駐車時録画機能とは、駐車しているときでも撮影してくれる機能であり、当て逃げ対策に効果的です。 選び方のポイント③価格 3つ目のポイントは価格です。360度タイプのドライブレコーダーは、まだ主流とは言えません。そのため他のドライブレコーダーと比較して価格設定がやや高めになっています。 よって価格を見ながら自分に合ったものを選ぶようにしてください。 ドライブレコーダー360度タイプを価格で比較 360度タイプの相場を知るために、価格順でまとめました。 上記の表のように高いものであれば、6万円を超えるものから最安となると2万円を切るものまで価格にはばらつきがあります。 金額が高ければ性能がいいとは限らないため、しっかりと調べてから自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。 123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする