ドラレコ&レーダー取付!ベンツにACCとるには?素人DIY☆

ベンツは普通のお店では取付お断り。
だから素人でも、自分でつけられる??

たくさんの大手ショップが、外車お断りを標準化していく中で、実際にベンツに取付をやってみました。

ドラレコとレーダーはACCと常時電源をひっぱって配線するだけなので、そんなに難しくないんですが、ベンツの場合、ヒューズを勝手に抜いたりしていいのか?っていう疑問や、どこから取るのが簡単なの?っていう疑問が出ます。

<ACC アクセサリー電源>
ベンツのACCは非常にとりやすいので、びっくりしました。
シガーのところが簡単に分解できるように作られているので、まわりのパーツをたくさんはずす必要はありませんでした。
まるで設計段階で、こういった後付のカスタマイズにも対応できるように考えられていたみたいでした。

<常時電源>
ヒューズボックスにあまりがあることが多いので、それを利用するとカンタンです。
エンジンも切って作業すれば、ヒューズ切れのエラーをコンピューターが記録して誤作動を起こすというようなことも、普通ありえないそうです。
(万が一、エラーが出た場合には、エラーを消すソフトを持っている業者へお願いして消すことになるようですが、高くはありません)
私がよく利用するショップ(日本全国からの依頼に対応している人気店)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
アウトバーン 
〒754-0891 山口県山口市陶4615番地2
電話番号: 0839-72-9577
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<配線について>
配線をピラーにかくしていく作業とかも、意外とピラーの取り外しもネットに情報も多く苦労もしませんでした。

結論として、私が思ったのは、専門ショップの高い工賃は、高い技術力が必要なためというよりは、壊したり、傷をつけたりしたときのリスクのためだと思われます。

万が一、壊したときの純正のパーツ代は値段が高めですので、難しい作業やカスタマイズの場合には、業者に任せたほうが無難だと思いました。

今回のドラレコ&レーダーに関しては、非常に取り付けもしやすく、ベンツは特に分解等の工程も少なく、1時間程度の作業でできるのではないかと思います。
工賃が30000円程度らしいので、時給30000円以上の人以外は自分で取りつけてもいいかもしれません。
(取付まで対応しているショップを探すのにも、時間がかかりましたので・・・)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする