もちろん、事故であればあのり運転対策です! 前と後の別々のカメラのドライブレコーダーの決定版

もちろん、事故であればあのり運転対策です! 前と後の別々のカメラのドライブレコーダーの決定版
————————-
「データシステム」のドライブレコーダー『DVR3100』は、前後の様子を録画できる2カメラタイプ。後方用カメラは別筐体でリヤウインドウに装着するため、一般的な前後カメラ一体式より車両後方の様子を確実に録画できるのが特徴だ。 さらに、残しておきたいシーンは運転席前に装着するモニターの操作部で、前後の映像を一括保存できるのも大きなメリットといえよう。 交通トラブルが原因の煽り運転による凄惨な事件が発生して以来、ドライブレコーダーへの注目が高まっている。とくに最近は、煽り運転の様子が撮影できる後方用カメラへの関心が高まり、各社ラインアップに加えてきている。 しかし、スペース効率を重視した前後カメラ一体タイプは、後方用カメラがフロントウインドウに装着されているため、車両後方の様子は窓越しでしか録画できない。つまり乗員がいたり、大きな荷物を積んでいると、リヤウインドウの視界が遮られてしまう。また、後続車が車間距離を詰めてきたら、ナンバープレートが隠れてしまい確認できなくなってしまう。 別体の後方用カメラをもつモデルも登場しているが、そうしたモデルのほとんどが、追突事故などで大きな衝撃を受けたとき、その前後約1分の映像を自動保存するようになっている。しかし、煽り運転などでは衝撃が加わらないので任意で録画データを保存する「イベントモード」は使用できない。それでも常時録画されているから大丈夫と思うかもしれないが、8GBのSDカードでフルハイビジョン録画できるのは約55分。それ以降は古いデータは上書きされて消えてしまうわけだ。 いずれもリヤカメラを備えていても、後続車に煽り運転されたときは、そのメリットを感じにくいはずだ。高性能プロセッサーとCMOSセンサーで前後ともに高精細映像を実現 今回紹介するデータシステムの『DVR3100』は、フロントウインドウやダッシュボードに装着する前方用カメラとクリアな映像を映し出す3.0型モニターが一体式で、別筐体の後方用カメラはリヤウインドウに装着する。前後カメラを接続するケーブル(電源供給と映像伝送用)は7.5mとミニバンなどのリヤウインドウでも十分に届く長さを持っている。 モニターの映像は、前方用カメラと後方用カメラそれぞれをワンタッチで切り替え表示可能。映像を残しておきたいときに使用する「イベント録画」は、モニターのスイッチで操作するだけでO…
————————-
Subscribe US Now: https://www.youtube.com/channel/UCUw7_I-w_VPkn4ugdKqllzg?sub_confirmation=1
————————-
Videos can use content-based copyright law contains reasonable use Fair Use (https://www.youtube.com/yt/copyright/)
Very excited to partner with other electronic newspaper pages.
Please send me an email: nanceypal71146@gmail.com
————————-
Thanks For Watching !
————————-
New model of Toyota Crown: https://www.youtube.com/watch?v=oyI66rjTFoc
Subscribe Now: https://www.youtube.com/channel/UCeeGK-wh-Pvp3BXHTvdQy9w?sub_confirmation=1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする